会社案内

会社概要

会社名
日本マリーナ機材株式会社
英語表記: Japan Marina Products Inc.(略称 JMP)
設立
2016年6月17日
資本金
500万円
代表者
代表取締役会長:伴野 哲司
取締役社長:松下 光弥
主な事業内容
  • 浮桟橋の販売
  • 浮桟橋関連設備、機器、部品の販売
  • マリーナ等の係留施設や施設計画のコンサルティング
  • メンテナンス、維持管理のコンサルティング
  • 浮桟橋等製品の開発コンサルティング など
所在地

【営業窓口】
東京サテライトオフィス
住所:〒105-0022 東京都港区海岸 1-2-20 汐留ビルディング3階
TEL:03-6721-8554

東京サテライトオフィス アクセスマップ

【本社】
住所:〒458-0814 愛知県名古屋市緑区鶴が沢 1-2409-2
TEL:052-877-9300

社長メッセージ

松下の顔写真

水際を桟橋等で機能的に整備し、マリーナのリニューアル事業にも積極的に

当社は国内及び海外に向けてマリーナ関連機材の販売を目的に、平成28年6月に設立し事業をスタートしました。

主にはヤマハ発動機(株)の正規代理店として、アルミ製浮桟橋やYブーム、弾性係留索といったマリーナ機材を中心に日本全国のマリーナや放置艇対策施設、災害対策施設等の水際での整備及び既設マリーナの経年劣化に伴うリニューアル事業へも積極的に取り組んでいきます。

水際を桟橋等で機能的に整備することにより、放置艇等の諸問題の解決はもとより、水際での安全性の確保や艇の適切な保管等のインフラ整備発展の一助となりますよう活動して参りますので、よろしくお願い致します。

日本マリーナ機材株式会社
 取締役社長 松下 光弥

ページ
先頭へ